こしめす

精選版 日本国語大辞典「こしめす」の解説

こし‐め・す

〘他サ四〙 (「きこしめす」の) 召し上がる。お食べになる。お飲みになる。
御伽草子酒呑童子(室町末)「ささへのを取り出し、三人の人々に御酒こしめせとて参らせける」
[補注](1)室町時代末、「ロドリゲス日本大文典」には、「きこしめ」より敬意が劣る記載がある。
(2)狂言台本では、江戸時代初期の虎明狂言本には多く見られたのに対し、江戸時代後期の虎寛狂言本には全く見られなくなる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「こしめす」の解説

こし‐め・す

[動サ四]《「きこしめす」の略》召し上がる。
「せめてお茶なりとも進ぜたいほどに、いかほども―・せ」〈虎明狂・犬山伏

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例