こそっぱい

  • こそっぱ・い

精選版 日本国語大辞典の解説

〘形口〙
① あらくてざらざらしている。
※洒落本・道中粋語録(1779‐80頃)「『ヲヲ大分こそっぱい足だの』『あぜかハアわしゃア冬になるとかかとサ口があきますよ』」
② (「こそばい」の変化した語) =こそばゆい

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

三密

仏教用語。主として密教でいわれ,身密,口密,意密の総称。仏の身体と言葉と心によって行われる3つの行為は,不思議であることから三密と称される。また衆生の身体と言葉と心によって行われる3つの行為も,その隠...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android