コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道中粋語録 どうちゅうすごろく

世界大百科事典 第2版の解説

どうちゅうすごろく【道中粋語録】

洒落(しやれ)本。山手馬鹿人(やまのてのばかひと)(大田南畝(なんぽ))作。勝川春章画。一名《変通軽井茶話(かるいざわ)》。1779,80年(安永8,9)ごろ刊行。1冊。中山道の宿駅軽井沢に取材したもの。2人の宿場女郎に上方の商人と供の江戸者の2人の客を配し,江戸生れの仲居女などを介在させ,さらに土地客と別の女郎の1組を描いて,すでに川柳などで取り上げられたひなびた風俗をとらえ,またおかしげな方言をさかんに使わせて,野趣に富んだ滑稽味を全編にみなぎらせている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

道中粋語録の関連キーワード仕舞う・終う・了う・蔵うましないがらら侠・俠小付け聞けるべいべえ例刻金当此方

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android