コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さつま木挽

2件 の用語解説(さつま木挽の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

さつま木挽

雲海酒造が製造・販売する焼酎の商品名。鹿児島産の芋(黄金千貫)を原料に、鹿児島県紫尾山系の天然水で仕込んだ本格芋焼酎。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

さつまこびき【さつま木挽】

鹿児島の芋焼酎。紫尾山系の伏流水を用いて甕で仕込む。原料はコガネセンガン、米麹。アルコール度数25%。製造元の「雲海酒造鹿児島工場」は平成12年(2000)操業開始。所在地は出水市上鯖渕。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さつま木挽の関連キーワードいも神さつま国分薩摩古秘紫尾の露神しずく神にごり黒甕しのび草天地水楽破壊王

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone