伏流水(読み)ふくりゅうすい

百科事典マイペディアの解説

伏流水【ふくりゅうすい】

地下水の一種。河床,湖床またはその付近の表層堆積物中を潜流している水。扇状地,火山灰地域,石灰岩地域など透水性が著しい地域で伏流水が生じやすい。水質はおおむね良好で,集水埋渠(きょ)を敷設し集水して水道,灌漑(かんがい)に利用。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ふくりゅうすい【伏流水】

旧河道や河川の砂礫されき層などの中を流れる水。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伏流水の関連情報