伏流水(読み)ふくりゅうすい

百科事典マイペディアの解説

伏流水【ふくりゅうすい】

地下水の一種。河床,湖床またはその付近の表層堆積物中を潜流している水。扇状地,火山灰地域,石灰岩地域など透水性が著しい地域で伏流水が生じやすい。水質はおおむね良好で,集水埋渠(きょ)を敷設し集水して水道,灌漑(かんがい)に利用。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

防府市歴史用語集の解説

伏流水

地上の流水が地下に一時もぐって流れるものをいいます。扇状地や砂漠といった、粒の粗い砂や土の場所でよく見られます。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

ふくりゅうすい【伏流水】

旧河道や河川の砂礫されき層などの中を流れる水。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伏流水の関連情報