さとね節(読み)さとねぶし

精選版 日本国語大辞典 「さとね節」の意味・読み・例文・類語

さとね‐ぶし【さとね節】

  1. 〘 名詞 〙 流行歌一つ。明治四四年(一九一一)から大正一九一二‐二六)の初期にかけて流行した。「さのさ節」が変化したものという。元唄の初句「紫の」から紫節ともいい、終句の囃子詞「サットネ」から「さっとね節」ともいう。さのさくずし。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android