さとね節(読み)さとねぶし

精選版 日本国語大辞典「さとね節」の解説

さとね‐ぶし【さとね節】

〘名〙 流行歌の一つ。明治四四年(一九一一)から大正一九一二‐二六)の初期にかけて流行した。「さのさ」が変化したものという。元唄の初句の」から紫節ともいい、終句の囃子詞「サットネ」から「さっとね節」ともいう。さのさくずし。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android