コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初句 ショク

デジタル大辞泉の解説

しょ‐く【初句】

和歌・俳句などのはじめの句。第1句。
漢詩、特に絶句起句

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょく【初句】

詩歌・文章の初めの句。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の初句の言及

【短歌】より

…5・7・5・7・7を上3句(5・7・5)と下2句(7・7)とに分け,前者を〈上句(かみのく)〉,後者を〈下句(しものく)〉と呼ぶ。第1句(5)を初句,頭句,起句,第2句(7)を胸句,第3句(5)を腰句,第5句を結句,尾句,落句などと呼んでいる。5句31拍に合わない作を〈破調〉といい,長すぎるものを〈字あまり〉,短いものを〈字足らず〉と呼ぶ。…

※「初句」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

初句の関連キーワード久・九・供・区・區・口・句・工・懼・狗・矩・苦・躯・軀・駆・駒・驅浜の真砂は尽きるとも世に盗人の種は尽きまじ君が代・君が世波多野 完治新古今和歌集アンジェラスキリ(切)続国歌大観アベマリア国歌大観新古今調三句切れ初句切れ諸悪莫作一句切れ天地玄黄俳句大観君が代歌会始五七調

初句の関連情報