コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

囃子詞 ハヤシコトバ

デジタル大辞泉の解説

はやし‐ことば【×囃子詞】

歌謡などで、歌詞の本文とはなれて、歌い出しの部分や中間・終わりに調子をとるためにさし入れる言葉。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はやしことば【囃子詞】

日本音楽の用語。歌をひきたてたり,活気づけたりするために,歌詞の本文に挿入された短いことばのこと。また,歌詞の字足らずを埋めて拍子を調節するために挿入された短いことばをも指す。囃子詞は歌う本人が唱える(あるいは歌う)こともあるが,一般には第三者(複数の場合もある)が唱えることが多い。囃子詞を加えることでもっとも効果をあげているのは民謡である。たとえば,《ソーラン節》《ヨサレ節》《ホーハイ節》《おこさ節》《よさこい節》など,囃子詞がそのまま曲名となったものも多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はやしことば【囃子詞】

唄の掛け声の部分。唄の調子を整えたり、唄をひきたてたりするために歌詞に添えられる。今は意味が不明になったものが多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の囃子詞の言及

【掛声】より

…動作を呼び起こしたり,2人以上の動作をそろえたり,あるいは動作に気勢を添えたりするために発する声。日本音楽ではかなり広く行われ,それが音楽の重要な一部分になっている例もある。芸術音楽では打楽器奏者や三味線奏者が発するものが大部分だが,雅楽や地歌などのように,掛声を用いないのを原則とする分野もある。掛声は,打楽器の場合には奏者自身が発する。能楽の囃子や,歌舞伎,長唄囃子では掛声と楽器の打音とがほぼ対等に組み合わされて,リズムの型を形成するが,単に拍節の内部構造やそのリズム型の性格を示すにとどまらず,楽曲や楽曲部分の曲趣や級位と密接な関係を持ちつつ,高度に芸術的な表現として用いられる。…

【言語遊戯】より

…英語ではサウンド・ポエムsound poem。童謡などの無意味な〈囃子詞(はやしことば)〉や繰返しもその一種だが,ダダイストのH.バルやシュルレアリストのA.アルトーは純粋な音響詩を試みている。〈へ〉(屁)という字を31並べた江戸の狂歌も,この変種か。…

【労作歌】より

…したがって歌は作業のリズムと合致するが,その作業が本来の拍子音(タクト)を伴わない場合には,人工的な手段として作業に適した掛声を入れる。その掛声を音楽化したものが〈囃子詞(はやしことば)〉で,たいていの労作歌には囃子詞がついている。なお,K.ビュヒャー《労働とリズム》(1896)は,東西古今の作業歌をもとにリズムや歌がいかに労働に作用するかを論じた書として知られる。…

※「囃子詞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

囃子詞の関連キーワード甘茶でかっぽれ塩茶でかっぽれすっとこどっこい御茶の子さいさいこりゃこりゃえっさっさ節どっこいしょしょんがえ節しょんがえよいとこさきたさのさのんやほ節えっさっさどんどん節あらよっとすととん節しやごしやよいとなさのさ節よんやさえいさあ

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android