さらしあん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

さらしあん

乾燥した粉末状のあん。作り方は,まず小豆などの原料豆を水洗いし約倍量の水を加え,煮立ったらざるにあげ,あくを切る。再び釜に戻し,水を加えて煮て,その間数回水を取替える。豆が煮くずれたとき火を止め,蒸らす。ざるに移し杓子の背ですりつぶす (石臼を使うこともある) 。水流しをし静置すると,あんは沈殿する。上澄みを除き水を加え攪拌,静置を繰返し,十分あくを除く。沈殿したあんを木綿袋に入れ,圧搾し水を切ると生あんになる。これを乾燥すると,さらしあんができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android