コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しおれ(萎れ)係数 wilting coefficient

法則の辞典の解説

しおれ係数【wilting coefficient】

土壌中の水分が減少すると,植物の膨圧を維持できなくなるために植物はしおれ始める.土壌水分がある限界点に達すると,たとえ植物を水蒸気飽和の空気中においても,しおれは永久に回復しなくなる.この限界点をしおれ点という.このときの土壌の水分含量を「しおれ係数」という.水で飽和した土壌に15気圧に相当する吸引力をかけて水分を除去した際に,土壌中に残存する水分量にほぼ等しい.水分当量,または吸湿係数をもとに計算することもできる.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android