膨圧(読み)ぼうあつ(英語表記)turgor pressure

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

膨圧
ぼうあつ
turgor pressure

細胞を低調液に入れると,細胞液浸透圧および細胞質の膨潤圧により吸水して体積が増大して細胞壁を伸長させる。一方,細胞壁がこれ以上伸びられずに収縮しようとするため膜圧が増大し,両者が釣合ったところで体積の増加が止る。このときの細胞内の圧力を膨圧という。膨圧変化によって起る植物運動膨圧運動という。たとえばオジギソウの葉の下垂は,葉枕での膨圧の急な低下によるとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぼう‐あつ〔バウ‐〕【膨圧】

主に植物で、細胞壁を通して出入りする溶液が、細胞の内外で平衡状態であるときの外へ膨らむ圧力。吸水量よりも蒸散量が多いときはこの圧力が下がり、植物はしおれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

膨圧【ぼうあつ】

細胞が低張液(塩や糖などの溶質の濃度が細胞内液より低い溶液)に接すると,浸透圧によって水が浸入し,細胞容積の増大が起こる。植物細胞には細胞壁があるため,容積の増大は一定の限界で停止する。このとき収縮しようと内方へ向かって働く細胞壁の圧力に対し細胞内液が細胞壁に及ぼす圧力を膨圧という。原形質分離の状態ではゼロ。細胞の吸水力は浸透圧と膨圧の差に基づく。植物の運動には局所的で急激な膨圧変化によるものもあり,オジギソウの運動,マメ類の葉の睡眠運動,ムジナモハエジゴクなどの捕虫運動などがこの例。気孔の開閉も隣接細胞の膨圧の変化による。また膨圧は,植物体の支持にとっても重要である。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ぼうあつ【膨圧】

植物細胞内に浸透した水によって細胞壁に加わる圧力。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

膨圧
ぼうあつ

細胞内部の浸透圧と外部の浸透圧の差を膨圧という。動物細胞の場合は細胞壁がなく、細胞の最外層は薄い細胞膜であるため、細胞を水中に入れると膨れて破裂する。したがって、動物細胞では膨圧はほとんど無視しても差し支えない。ところが、植物細胞では細胞の外側は堅い細胞壁で覆われているため、細胞を水に入れると、水が細胞内に入って体積を増すが、堅い細胞壁が膨張を押さえることとなり、膨圧が生ずる。膨圧は数気圧から数十気圧に達することもある。また膨圧は、細胞内部の浸透圧と吸水力(拡散圧差ともいう)との差で表される。膨圧とは、細胞壁を押す圧力であるから、当然のことながら、細胞壁から内部へ向かう、つまり方向が逆になった膨圧と同じ圧力が存在するわけで、これを壁圧という。
 膨圧は植物細胞の力学的強度の保持や成長のためには不可欠なものである。植物がその形を保ったり、伸長成長が行えるのは、細胞が膨圧をもって緊張状態にあるためであり、細胞が膨圧を失うと組織はしおれる。膨圧の変化によっておこる運動を膨圧運動という。オジギソウの葉枕(ようちん)の運動や気孔の開閉運動などは、膨圧運動の例である。[吉田精一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の膨圧の言及

【浸透圧】より

… 液胞のよく発達した植物細胞において,内外両表面を半透膜で包まれた細胞質は液胞内の細胞液と浸透平衡を保っているので,この原形質の層全体が一定の厚みをもった半透膜として働いているとみなしてよい。植物細胞を水に浸すと水ポテンシャルの差によって水は細胞へ浸透し,細胞壁に圧(膨圧という)を加え細胞壁を押し広げ,細胞の容積が増大するとともに水ポテンシャルは上昇する。しかし,細胞壁は膨圧と大きさが等しく方向が反対の圧(壁圧)で細胞を内側へ押しているので,細胞容積はどこまでも大きくなれるというわけではない。…

※「膨圧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android