しからずば

精選版 日本国語大辞典「しからずば」の解説

しから‐ず‐ば

〘接続〙 (古くは「しからずは」) そうでないと。さもないならば。さらずは。しからずんば
※書紀(720)神武即位前戊午年九月(北野本室町時代訓)「『吾れ必ず能く此国を定めてむ。如し其れ、不(シカラスハ)(はた)して成る所無(な)けむ』と宣ふ」
※平家(13C前)二「世をしづめん程、法皇を鳥羽の北殿へうつし奉るか、然ずは、是へまれ御幸をなしまいらせむと思ふはいかに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

三内丸山遺跡

青森市中心部の南西,沖館川の南に面する丘陵地帯に広がる縄文時代の遺跡。 1992年発掘開始。 1994年約 4500年前のものと推定される直径 1.8mの柱穴6個と,直径 80cmのクリ材と思われる木...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android