鳥羽(読み)とば

日本大百科全書(ニッポニカ)「鳥羽」の解説

鳥羽
とば

京都市南部、伏見(ふしみ)区と南区にまたがる地区。鴨(かも)川と桂(かつら)川が合流して淀(よど)川に注ぐ所で、津は難波(なにわ)と対比された河港で早くから開けた。また鳥羽作道(とばのつくりみち)によって洛中(らくちゅう)へ通じた。付近一帯は土地が低湿であったが、11世紀末白河(しらかわ)上皇が180町に及ぶ広大な鳥羽殿(離宮)を造営し、公家(くげ)の邸宅も集まった。現在、離宮跡には真幡寸神社(まはたきじんじゃ)ともよばれる城南宮(じょうなんぐう)がある。1960年(昭和35)国道1号の西側で離宮の発掘が始まり、遺構が発見された。幕末に戊辰(ぼしん)戦争の発端となった鳥羽・伏見の戦いが行われた。鳥羽水環境保全センター(旧、鳥羽下水処理場)がある。

[織田武雄]

『城南文化研究会編『城南』(1967・城南宮)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「鳥羽」の解説

鳥羽
とば

京都市南部の一地区。上鳥羽と下鳥羽に分れる。かつては上鳥羽村と下鳥羽村であったが,1931年京都市に編入。現在上鳥羽は南区に,下鳥羽は伏見区に属する。鴨川両岸にまたがる低地で,白河上皇の鳥羽殿 (鳥羽離宮) が造営されたところ。戊辰戦争の発端となった鳥羽・伏見の戦い (1868) の地。かつては集約的な近郊野菜園芸地域であったが,現在は工場用地化が進んでいる。鳥羽離宮跡や城南宮,安楽寿院など多くの史跡がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「鳥羽」の解説

とば【鳥羽】

[一] 三重県東部の地名志摩半島の北東部にあり、伊勢湾に面する。古来軍事・商業・交通の重要港として発達。水産資源に富み、伊勢志摩国立公園の観光基地として知られる。昭和二九年(一九五四市制
[二] 京都市南部の地名。鴨川下流域から宇治川北岸の三栖(みす)付近までの地域で、上鳥羽(南区)と下鳥羽(伏見区)に分かれる。鳥羽田(とばた)
[三] 愛知県幡豆(はず)郡幡豆町の地名。三河湾に面する。

とっ‐ぱ【鳥羽】

〘名〙 鳥の羽毛を用いて作った、魚釣用の擬餌(ぎじ)。はね。ばけ。ぼろ蚊針(かばり)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「鳥羽」の解説

鳥羽【とば】

京都市南部,区(上鳥羽)と伏見区(下鳥羽)にわたる地区。古くは平安京の外辺部に相当し,西国街道,淀川水運の拠点で,幕末には鳥羽・伏見の戦があった。現在は住宅地化が進み,洛南工業地帯の一画でもある。名神高速道路の京都南インターチェンジがある。
→関連項目鳥羽殿鳥羽作道

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「鳥羽」の解説

とば【鳥羽】

京都市の南区上鳥羽・伏見区下鳥羽の地域。院政期に鳥羽山荘が置かれた。幕末の鳥羽伏見の戦いの地。
三重県、志摩半島北東部にある市。もと九鬼くき氏の城下町真珠島水族館などがある。真珠養殖加工が行われる。人口2.1万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「鳥羽」の解説

【鳥羽】ちようう

鳥の羽。

字通「鳥」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android