北殿(読み)きたどの

精選版 日本国語大辞典「北殿」の解説

きた‐どの【北殿】

〘名〙
① 北隣に住んでいる人の敬称
※源氏(1001‐14頃)夕顔「きたどのこそ、聞き給ふやなど」
② 北側にある殿舎。北の御殿。
※弁内侍(1278頃)建長三年正月一七日「北殿へ御船よせて」
③ 鎌倉時代、幕府が京都六波羅に置いた北・南各一名の探題のうちの北の探題。北の方

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「北殿」の解説

きた‐どの【北殿】

北側にある殿舎。
「―の桟敷にて」〈増鏡・むら時雨〉
北隣に住んでいる人の敬称。
「―こそ、聞き給ふや」〈夕顔
北六波羅探題のこと。→六波羅探題

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android