コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

したひ シタヒ

デジタル大辞泉の解説

したひ

《動詞「したふ」の連用形から》紅葉すること。また、その葉。
「秋山の―が下に鳴く鳥の声だに聞かば何か嘆かむ」〈・二二三九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

したひの関連キーワードグラフィックス参照モデルひまわりアイスクリームウミヒゴイ(海緋鯉)パーマネントプリーツ抵抗線ひずみ(歪)計キホウボウ(黄魴鮄)護衛艦「ひゅうが」ひゅうが型護衛艦ロールキャベツ春山之霞壮夫中村新左衛門八重山請福変換モード東儀 季煕ドレープ直柄の瓠きらきらももひよ狩野玉楽打捨てる

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android