コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しだら歌 シダラウタ

大辞林 第三版の解説

しだらうた【しだら歌】

〔手拍子を打って歌う歌の意〕
平安時代、しだらの神をまつる神事で歌われた歌。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

しだら歌の関連キーワード平安時代山田清安鳥名子しだら手拍子なご神事