鳥名子舞(読み)トナゴマイ

大辞林 第三版の解説

となごまい【鳥名子舞】

伊勢神宮で、6月17日に行われた舞。青摺りの装束をつけた童男童女一八人が、手を組んで回り、次に一同の頭を寄せて伏し、のちに起きて手を打つもの。歌を笛と琴とに合わせる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

となご‐まい ‥まひ【鳥名子舞】

〘名〙 (「となこまい」とも) 伊勢神宮で六月一六・一七日に行なわれた古風の歌舞。天の岩戸の前で常世(とこよ)の長鳴鳥を擬したものといわれ、童男童女の一六人から一八人が、青摺りの装束をつけ、手を組んで回り、次に、一同の頭を寄せて伏し、後に起きて手を打つ。また、歌は、笛と琴とに合わせる。鳥名子。とりなごまい。とりごなまい。
※皇太神宮年中行事(1192)六月「次四所瑞籬御門前に参烈し各勤役奉仕。鳥名子舞廻、其後各退出」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android