コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しだら シダラ

4件 の用語解説(しだらの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しだら

よくない行状。また、好ましくないなりゆき。
「牧師さんや伝道師さえ斯(こ)ういう―じゃあ」〈魯庵社会百面相
事のなりゆき。
「何とした―でいづかたへ立ち退きやる」〈浄・博多小女郎

しだら

《「したら」とも》
歌や舞に合わせて手を打つこと。手拍子。
手拍子を打って歌う子供の遊び

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しだら

〔「したら」とも〕
手を打つこと。手拍子を取ること。 「 -打てと父が宣のたまへばくち侍はんべり/建久年中行事」
手拍子を取って歌う子供の遊戯。 〔嬉遊笑覧〕

しだら

事のいきさつ。事情。 「何とした-でいづ方へ立ち退きやる/浄瑠璃・博多小女郎
好ましくない状態。ひどい状況。 「明け暮れの願ひ事叶はぬのみか此の-/浄瑠璃・生玉心中
好ましくない行動。不行跡。 「名山めが今の-どうも耐こたへられぬ/歌舞伎・韓人漢文」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

しだらの関連情報