しだら(読み)シダラ

デジタル大辞泉の解説

しだら

よくない行状。また、好ましくないなりゆき。
「牧師さんや伝道師さえ斯(こ)ういう―じゃあ」〈魯庵社会百面相
事のなりゆき。
「何とした―でいづかたへ立ち退きやる」〈浄・博多小女郎

しだら

《「したら」とも》
歌や舞に合わせて手を打つこと。手拍子。
手拍子を打って歌う子供の遊び。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しだら

〔「したら」とも〕
手を打つこと。手拍子を取ること。 「 -打てと父が宣のたまへばくち侍はんべり/建久年中行事」
手拍子を取って歌う子供の遊戯。 〔嬉遊笑覧〕

しだら

事のいきさつ。事情。 「何とした-でいづ方へ立ち退きやる/浄瑠璃・博多小女郎
好ましくない状態。ひどい状況。 「明け暮れの願ひ事叶はぬのみか此の-/浄瑠璃・生玉心中
好ましくない行動。不行跡。 「名山めが今の-どうも耐こたへられぬ/歌舞伎・韓人漢文」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しだら

〘名〙
① 事の成り行き。事情。〔日葡辞書(1603‐04)〕
浄瑠璃・博多小女郎波枕(1718)中「何としたしだらで何方(いづかた)へ立退きやる」
② 好ましくない状況。ひどいありさま。ていたらく。ざま。
※浄瑠璃・生玉心中(1715か)中「明けくれの願ひ事叶はぬのみか此しだら」
③ 好ましくないふるまい。ひどい行状。
※浄瑠璃・源頼家源実朝鎌倉三代記(1781)六「其計略ではもふ行まい。又候(またぞろ)此時政を欺(たばか)らんと今のしだら」
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉宗教家「牧師さんや伝道師さへ斯ういふ品行(シダラ)ぢゃア」
[補注]→「しだらない」の補注

しだら

〘名〙 (「したら」とも)
① 歌や舞などに合わせて手を打つこと。手拍子。また、それをする人。〔本朝世紀‐天慶八年(945)八月三日〕
※皇太神宮年中行事(1192)御饌腊事鳥名子舞歌「したら打てと 父(てて)が宣へば うち侍(はん)べり ならひ侍べり」
② 子どもが手拍子を打ってあそぶ遊び。〔名語記(1275)〕
[補注]「神宮典略」では「手をたたく」という解釈を疑問とし「舌楽(したら)ならんか」としている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

しだらの関連情報