しま(縞)葉枯病(読み)しまはがれびょう

百科事典マイペディア「しま(縞)葉枯病」の解説

しま(縞)葉枯病【しまはがれびょう】

イネしま葉枯ウイルスによるイネ科作物の重要な病気。葉に黄緑〜黄白色の条斑を生じ,が出すくむ。日本のイネのウイルス病では最も被害が大きい。ヒメトビウンカによって伝染するが,機械的接種はできない。虫体内でも増殖し,経卵伝染する。ウイルス粒子は直径3nmの糸状で,長さの異なる4種の粒子があり,感染にはそのすべてが必要である。いずれも外被タンパク質は共通だが,内部に含まれる1本鎖RNAの種類(塩基配列)が異なる。
→関連項目植物ウイルス病

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android