コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しま(縞)葉枯病 しまはがれびょう

1件 の用語解説(しま(縞)葉枯病の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

しま(縞)葉枯病【しまはがれびょう】

イネしま葉枯ウイルスによるイネ科作物の重要な病気。葉に黄緑〜黄白色の条斑を生じ,穂が出すくむ。日本のイネのウイルス病では最も被害が大きい。ヒメトビウンカによって伝染するが,機械的接種はできない。
→関連項目植物ウイルス病

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

しま(縞)葉枯病の関連キーワードイネ穀物禾穀類ライネケ狐ウイルス病ウイルスフリー株トライネシアオランダ おいねすじ萎縮病(トウモロコシ)イネ科牧草 (grasses)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone