コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメトビウンカ ヒメトビウンカ Laodelphax striatella

3件 の用語解説(ヒメトビウンカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒメトビウンカ
ヒメトビウンカ
Laodelphax striatella

半翅目同翅亜目ウンカ科。体長 (翅端まで) 3.5~4mmであるが,短翅型では 2.3~2.5mm。体は黄白色。頭部はほぼ四角形で複眼前縁からわずかに突出し,両側に黒条がある。前胸背は狭い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヒメトビウンカ

半翅(はんし)目ウンカ科の昆虫。体長(翅端まで)4mm内外,短翅型は2.5mm内外。黒色で雌は前胸背に黄白斑がある。日本全土のほか東アジアヨーロッパに分布。幼虫,成虫ともイネなどの害虫だが,茎からの吸汁より,しま葉枯病などの病原ウイルス媒介による害が大きい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒメトビウンカ
ひめとびうんか / 姫飛浮塵子
[学]Laodelphax striatellus

昆虫綱半翅(はんし)目同翅亜目ウンカ科Delphacidaeの昆虫。体長(全長)は長翅型で3.5~4ミリ、短翅型で2.3~2.5ミリ。セジロウンカに似ているが、頭頂が短大で、顔が中央部で最大幅となる点で区別される。小楯板(しょうじゅんばん)は雄で黒色、雌には中央に淡黄色部がある。日本全土、台湾、フィリピン、朝鮮半島、中国大陸、シベリア、ヨーロッパなどに広く分布する。イネの著名な害虫で、稲縞葉枯(いねしまはがれ)病の媒介者である。年四、五化し、越冬態は幼虫である。[林 正美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のヒメトビウンカの言及

【ウンカ】より

…種によっては,夜間に灯火にひかれて人家に飛来することもある。 ウンカの中で,セジロウンカ,トビイロウンカ,ヒメトビウンカLaodelphax striatellus(イラスト)はイネの大害虫として著名である。セジロウンカSogatella furcifera(イラスト)は7~8月に発生のピークがあるので〈夏ウンカ〉と呼ばれ,トビイロウンカNilaparvata lugens(イラスト)は9~10月に大発生するので〈秋ウンカ〉と呼ばれる。…

※「ヒメトビウンカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒメトビウンカの関連キーワードセジロウンカトビイロウンカ浮塵子背白浮塵子鳶色浮塵子鍋蓋虫熊蝉田鼈天狗透翅長椿象

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒメトビウンカの関連情報