コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

感染 かんせん

8件 の用語解説(感染の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

感染

ネットワークやフロッピーディスクCD-ROMなどを通じてコンピューターに入り込んだウイルスが、ソフトウェアに組み込まれること。多くのウイルスは、ウイルスに感染されたアプリケーションを起動すると活動を始める。この状態を発病という。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かん‐せん【感染】

[名](スル)
病原体が体内に侵入すること。特に、そのために種々の病態が起こること。「結核に感染する」
影響を受け、それに染まること。「過激な思想に感染する」
コンピューターシステムに不具合を起こすコンピューターウイルスが、ファイルに組み込まれること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

感染【かんせん】

微生物がその寄主(宿主)である生体に寄生し,その中で増殖するに至る一連の過程。一般に寄主は多細胞生物だが,細菌にバクテリオファージ細菌ウイルス)が感染するという例もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

感染

 寄生虫,細菌,ウイルス,カビなどが生体内や体表面に定着して,増殖するきっかけができた状態.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

かんせん【感染】

コンピューターウイルスをはじめとするコンピューターに被害を与える不正プログラムがファイルに取り込まれること。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かんせん【感染 infection】

病原微生物がヒト,動物,植物の組織や体液に侵入し,あるいは表面に定着して増殖する状態になるのを感染という。微生物が体内に入っても,すぐに死滅してしまったり,素通りしてしまう場合は感染とはいわない。感染の結果,生体が全身性あるいは局所性に異常を生じてくることを発病といい,その病的状態を感染症infectious diseaseと呼ぶ。感染が成立しても,まったく病的状態が起こらないで,健康にみえる場合を無症状感染あるいは不顕性感染といい,症状をあらわす場合を顕性感染と呼ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かんせん【感染】

( 名 ) スル
病気がうつること。 「コレラに-する」
ある物事の影響を受け,それにそまること。 「国粋主義思想に-する」 〔奥山虎章「医語類聚」(1872年)に英語 affection の訳語として載る〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

感染
かんせん
infection英語
Infektionドイツ語

病原微生物や小動物が人体または動物体に侵入し、臓器や組織中で増殖することをいう。感染によっておこる疾患を感染症といい、感染症をおこす病原微生物や小動物を病原体という。病原体にはウイルス、クラミジアリケッチア、細菌、真菌(カビ)、スピロヘータ、原虫、寄生虫などが含まれ、病原体の種類によって、その感染症の病態がそれぞれ異なる。これは、病原体そのもの、あるいは病原体から出る体外毒素による。
 感染すればかならず発病するとは限らない。たとえば日本脳炎ウイルスが感染すると、高熱、頭痛、意識障害、けいれんなどの症状を呈する人もあるが、大多数の人は体内でウイルスが増殖してもその程度が少なく、発熱などの症状もなく発病しない。このように、感染を受けて発病する場合を顕性感染、発病しない場合を不顕性感染または潜伏感染という。この両者の差は自覚的に症状が現れるか否かであり、病的変化があるか否かの絶対的差異ではない。つまり両者の差は病変の量的差異といえる。なお、感染を受けた者のうち、発病する者の割合を感染発症指数または感受性指数といい、感染症とくに呼吸器感染症ではほぼ一定している。これによると、麻疹(ましん)(95%)や百日咳(ぜき)(60~80%)などでは大多数の人が発病するし、逆にジフテリア(10%)や日本脳炎(0.2%以下)などでは大多数の人は発病しない。
 また、感染を受けて発病する場合、その個体はその病原体に対して感受性があるといい、発病しない場合には感受性がないという。感受性は逆の立場からいえば個体の病原体に対する抵抗性を意味する。生体が病原体に対して感受性をもたないか、あるいは感受性が減弱された状態にあることを免疫という。
 感染の源となるもの、すなわち患者や保菌者、そのほか感染動物や媒介する動物、あるいは病原体を含んだ排出物やそれらによって汚染されたものなどを感染源といい、これらの感染源から直接または間接に生体内へ病原体が侵入する道筋を感染経路という。これには排出、伝播(でんぱ)、侵入の3経路がある。病原体の排出は、呼吸器(咳、痰(たん)、鼻汁)、消化器(唾液(だえき)、糞便(ふんべん)、吐物)、泌尿器(尿)、生殖器(分泌液、胎盤)、眼(分泌液)、皮膚(膿(のう)、痂皮(かひ))から行われるが、血液やリンパ液中に存在する病原体は、媒介する節足動物(カ、シラミ、ノミ、ダニ、サシバエなど)が体外に出す役割を果たす。排出された病原体、あるいは食品や土の中で増殖していた病原体が新しい感受性のある生体に到達する伝播経路としては、空気感染、接触感染、水系感染のほか、媒介者である節足動物に刺されることによるものがある。またハエやゴキブリ、ネズミなどによる運搬もある。侵入経路としては、経気道、経口、経皮および経胎盤がある。経気道感染は空気感染によるものであり、経口感染は、一般に消化器から排出された病原体が飲食物に混じって摂取され消化器から侵入することによる。経皮感染は、節足動物の刺咬(しこう)、あるいは汚染された注射針によることもあるが、肉眼では見えないような皮膚や粘膜の創傷(そうしょう)から侵入する場合は、接触感染のときにみられる。経胎盤感染は、妊婦が感染したとき、病原体が胎盤を通過して胎児に侵入し、感染するもので、垂直感染ともいう。
 このほか感染の様式や経路として、「混合感染」「血行感染」「自己感染」「水平感染」「集団感染」「院内感染」「日和見(ひよりみ)感染」などの用語があるが、これらはそれぞれの項目を参照されたい。[柳下徳雄]
『中原英臣・佐川峻著『感染するとはどういうことか――「感染」と「発病」の間に起きていること』(1995・講談社) ▽清水喜八郎監著、山口恵三・岩本愛吉著『だれでもわかる感染症』(1999・へるす出版) ▽『感染症ファイル――しのびよる病原体』(2000・竹内書店新社) ▽本田武司・飯島義雄著『あなたを狙う感染症』(2000・小学館) ▽相川正道・永倉貢一著『現代の感染症』(岩波新書) ▽井上栄著『感染症の時代』(講談社現代新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の感染の言及

【感染症】より

…病原微生物がヒトおよび動物の体に侵入し,定着,増殖して感染をおこすと組織を破壊したり,また,病原微生物が毒素を出して体に害を与えると,一定の潜伏期をへた後に病気となる。この病気を感染症という。…

【伝染病】より

…昔から〈はやり病(やまい)〉〈疫病〉として人から恐れられてきた病気のことで,病原微生物の感染によって発病する。日本では,感染と伝染の区別があいまいで,この二つは同義語のように用いられることが多いが,感染infectionとは病原微生物が生体に侵入して増殖し,生体に害を与える場合(この病的異常状態が感染症infectious disease)をいい,伝染とは感染症の経過中,感染生体から分泌物や排出物とともに病原体が出て,それが接触または媒介によって他の生体を感染させる場合をいう。…

※「感染」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

感染の関連キーワード熱帯医学生物学的製剤生物的防除二次感染微生物学無菌抗微生物作用抗微生物薬病原微生物コッホの条件

今日のキーワード

参院選の日程

改選議員が任期満了を迎える7月25日の前30日以内に実施される。参院選を「18歳選挙」の対象とするためには6月20日以降の公示とする必要がある。投票日を通例の日曜日とすれば、候補は7月10日、17日、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

感染の関連情報