しゃきばる(読み)シャキバル

デジタル大辞泉の解説

しゃき‐ば・る

[動ラ四]
かたくなる。硬直する。こわばる。
「かう―・った枝骨は、おろさざ桶へ這入るまい」〈浄・彦山権現
ひきつけを起こす。
「虫が知らして―・ったものであろ」〈浄・千本桜

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しゃき‐ば・る

〘自ラ四〙
① こわばる。硬直する。固くつっぱる。また、堅苦しい態度をとる。しゃちこばる。
※玉塵抄(1563)三五「きるものをあらうてのりのこわうてしゃきはるを」
② 痙攣(けいれん)を起こす。ひきつける。
瑠璃・義経千本桜(1747)二「此子の上を踏こへたれば、俄に足がすくばって、ヱヱ聞へた。ちいさふても女子なれば、虫がしらしてしゃきばった物であろ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android