コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三五 サンゴ

3件 の用語解説(三五の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さん‐ご【三五】

《3と5の積が15となるところから》
㋐15歳。
「名はお駒とて少し跳ねたる―の少女(おとめ)は」〈蘆花不如帰
㋑「三五夜(さんごや)」に同じ。「三五の夕べ」
㋒《揚げ代が15匁だったところから》囲ひ女郎の異称。
人や物が、あちこちに少しずつかたまっていること。三々五々。
「瓢箪に酔を飾る―の痴漢(うつけもの)が」〈漱石虞美人草
《長さ3尺5寸を標準とするところから》楽琵琶(がくびわ)の異称。
三皇五帝

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

三五

正式社名「株式会社三五」。英文社名「Sango Co., Ltd.」。輸送用機器製造業。昭和3年(1928)前身の「恒川鉄工所」創業。同25年(1950)設立。本社は愛知県みよし市福田町宮下。自動車部品メーカー。マフラー・エキゾーストパイプなど排気関連部品が主力。棒鋼など鉄鋼製品の製造も手がける。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さんご【三五】

(三と五の積から)一五のこと。
十五夜。
一五歳。 「明けて-の春秋を/浄瑠璃・孕常盤」
(揚げ代が一五匁であったことから)囲い女郎。 「 -に義理をはりま潟/浄瑠璃・傾城酒吞童子」
〔長さが三尺五寸あることから〕 琵琶びわの異名。
あちらに三つこちらに五つとかたまってあること。 「江に臨む楼台-/思草 信綱
「三皇五帝」の略。
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三五の関連キーワード女物銚子天火土蔵馬尾乱波六書チェリー花菱

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三五の関連情報