コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義経千本桜 よしつねせんぼんざくら

6件 の用語解説(義経千本桜の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

義経千本桜
よしつねせんぼんざくら

浄瑠璃。略称『千本桜』。時代物。5段。2世竹田出雲三好松洛並木千柳 (→並木宗輔 ) 合作。延享4 (1747) 年大坂竹本座初演。浄瑠璃の代表的傑作。義経に滅ぼされた平家の知盛,維盛,教経らが生存し,知盛と教経が復讐を企てるという構想に,いがみの権太の悲劇,狐忠信の哀話などをからませて脚色。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

よしつねせんぼんざくら【義経千本桜】

浄瑠璃。時代物。五段。竹田出雲・並木千柳(並木宗輔(そうすけ))・三好松洛(みよししょうらく)合作。延享4年(1747)大坂竹本座初演。源義経都落ちにからめて、潜伏中の平家の武将知盛維盛教経の滅びのロマンを描く。知盛が壮絶な死をとげる二段目「渡海屋・大物浦(だいもつのうら)」、維盛を助けようとしていがみの権太が犠牲になる三段目「鮓屋」、鼓の皮となった親狐を慕う狐忠信を描く四段目「河連(かわつら)館」が有名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

義経千本桜【よしつねせんぼんざくら】

浄瑠璃,またこれに基づく歌舞伎劇。二世竹田出雲三好松洛・並木千柳作。1747年初演。義経伝説を題材としているが,むしろ知盛(とももり)・維盛(これもり)・教経(のりつね)という滅びゆく平家の3武将を中心に,いがみの権太と狐忠信の挿話をからませたもの。
→関連項目並木宗輔

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

よしつねせんぼんざくら【義経千本桜】

人形浄瑠璃。時代物。5段。2世竹田出雲三好松洛,並木千柳(並木宗輔)作。1747年(延享4)11月大坂竹本座初演。内題の角書に〈大物船矢倉(だいもつのふなやぐら)吉野花矢倉(よしののはなやぐら)〉とある。《菅原伝授手習鑑》《仮名手本忠臣蔵》と並ぶ人形浄瑠璃全盛期の名作であるとともに,九郎判官源義経に関する稗史,伝説などに取材したいわゆる〈判官(ほうがん)物〉のうち,最も著名な作品の一つである。しかし,構想の中心は義経にはなく,〈親兄の礼重んずる者が平家の首の内,新中納言知盛,三位中将惟(維)盛,能登守教経,此三人の首は贋者。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

よしつねせんぼんざくら【義経千本桜】

人形浄瑠璃。時代物。竹田出雲・三好松洛・並木千柳作。1747年初演。都落ちをする源義経を中心に、鮨すし屋の弥助となっている平維盛、渡海屋の主人真綱銀平となっている平知盛を登場させ、静を守る狐忠信を活躍させて各段を構成する。「鮨屋」「渡海屋・大物浦」「河連法眼館」の場は現在でもたびたび上演され、人形浄瑠璃や歌舞伎の代表作。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

義経千本桜
よしつねせんぼんざくら

浄瑠璃義太夫(じょうるりぎだゆう)節。時代物。5段。2世竹田出雲(いずも)、三好松洛(みよししょうらく)、並木千柳(せんりゅう)合作。1747年(延享4)11月、大坂・竹本座初演。通称「千本桜」。源義経失脚のとき、平家の武将新中納言知盛(しんちゅうなごんとももり)、三位中将維盛(さんみのちゅうじょうこれもり)、能登守教経(のとのかみのりつね)の3人が実は生きていて再挙を図る話に、吉野地方の伝説を結び付けて脚色。『菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)』『仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)』とともに浄瑠璃の三大傑作とされ、初演の翌年には歌舞伎(かぶき)に移され、人形浄瑠璃と歌舞伎の両方で代表的な人気演目になった。[松井俊諭]

初段―大内・北嵯峨庵室・堀河御所(川越上使)

平家滅亡後、義経は、左大臣藤原朝方(ともかた)から勅諚(ちょくじょう)の名で、兄頼朝(よりとも)を討てとの謎(なぞ)を込めた初音(はつね)の鼓を授かり、一方頼朝からは、知盛・維盛・教経の3人を討てなかったことと、平時忠(ときただ)の娘卿(きょう)の君(きみ)を妻としていることについて疑いをかけられる。頼朝の上使川越太郎へは、卿の君の自害により申し開きがたつが、家臣弁慶が鎌倉勢と衝突したため、やむなく都を落ちる。一方、維盛の御台若葉内侍(みだいわかばのないじ)と子の六代君(ろくだいぎみ)は北嵯峨に身を潜めていたが、大和(やまと)にいるという噂(うわさ)の維盛を尋ね、忠臣主馬小金吾(しゅめのこきんご)を供に旅立つ。[松井俊諭]

二段―伏見稲荷鳥居前・渡海屋・大物浦

義経は伏見で、駆けつけた佐藤忠信(ただのぶ)に愛妾(あいしょう)静御前(しずかごぜん)と初音の鼓を預け、九州路へ向かう。一行は大物浦で渡海屋銀平に船を調達させるが、この銀平こそ実は幼い安徳(あんとく)帝を典侍局(すけのつぼね)とともに守護していた知盛だった。知盛は好機到来と船幽霊の姿で義経を襲うが、敗れて深傷(ふかで)を負い、幼帝を義経に託し、碇(いかり)を背負って入水(じゅすい)する。[松井俊諭]

三段―椎の木茶屋(木の実)・小金吾討死・鮓屋

内侍一行は大和路の下市村で「いがみ」と異名をとる無頼漢の権太に金をゆすり取られ、そのあと追手のため小金吾は討ち死にする。権太の父、釣瓶(つるべ)鮓屋の弥左衛門は維盛を下男弥助としてかくまっていたが、梶原景時(かじわらかげとき)から維盛引き渡しを命ぜられ、たまたま手に入れた小金吾の首を身替りにたてようとする。権太の妹お里は弥助を恋していたが、内侍母子の来訪によって素性を知り、恋をあきらめる。権太は維盛の首と御台、若君を梶原に引き渡し、怒った弥左衛門に刺されるが、実はすでに改心していて、小金吾の首と自分の妻子を身替りにしたと打ち明けて死ぬ。[松井俊諭]

四段―道行初音旅・川連館

その後、義経は吉野の川連法眼(ほうげん)のもとに寓居(ぐうきょ)、これを知った静御前は忠信を供に吉野へ急ぐ。しかし、2人が川連館へ着くと、もう一人の忠信が先にきている。静が供をしてきた忠信を詮議(せんぎ)すると、初音の鼓の皮に使われた親狐(ぎつね)を慕う子狐の化身だった。義経はその孝心を哀れみ、狐に源九郎の名と鼓を与え、感謝した源九郎狐は、夜討の悪僧どもを通力で翻弄(ほんろう)し、悪僧の頭目横川(よかわ)の覚範(かくはん)の正体を能登守教経と見あらわす。[松井俊諭]

五段―吉野山

教経は諸悪の根元朝方を斬(き)り、忠信に討たれる。
 落ちゆく者、滅びる者の哀れさに狐の化身の骨肉愛も絡ませ、前記三大傑作のなかでももっとも詩情に富んだ作品。二段目「渡海屋」から「大物浦」にかけては「碇知盛」ともよばれ、謡曲『船弁慶』の伝説を裏返し、生きていた知盛の重厚壮大な悲劇。三段目「椎の木」から「鮓屋」は、いがみの権太の犠牲行為を、写実味の濃い世話場の演出で描く。全編の主人公ともいえるのが狐忠信の役で、とくに歌舞伎では「鳥居前」の荒事(あらごと)、「道行」(今日では清元(きよもと)地のものが多い)の舞踊、「川連館」の幻想味豊かな義太夫劇スタイルなど、変化に富んだ演出が楽しめる。[松井俊諭]
『祐田善雄校注『日本古典文学大系99 文楽浄瑠璃集』(1965・岩波書店) ▽村上元三訳『現代語訳 日本の古典18 義経千本桜』(1980・学習研究社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の義経千本桜の言及

【ケレン】より

…初期の若衆歌舞伎時代に見世物芸との提携がなされて以来,元禄歌舞伎をはじめ,いつの時代にも写生的な演技の一方に,この種の演技・演出が行われてきた。《東海道四谷怪談》における〈仏壇返し〉〈提灯抜け〉〈戸板返し〉,《義経千本桜》河連法眼館の場の〈階段の打返し〉〈高欄渡り〉〈欄間抜け〉などといった演出は,幽霊や狐の演技として効果をあげている。とくに大道具に見世物的な仕掛物を見せる意図が強く,それに役者の演技としての〈綱渡り〉や〈宙乗り〉などが加わってケレン芝居が生まれる。…

【吉田文三郎】より

…人形のからくりや演出などのくふうにも才があり,3人遣いの完成に大きく貢献したほか,演出にも意欲をみせた。《夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)》で初めて人形に帷子(かたびら)を着せ,立回りに本泥水を使い,《義経千本桜》の佐藤忠信の人形に竹本政太夫の源氏車の紋を用いるなど,その演出は現在も踏襲されている。48年(寛延1)の《仮名手本忠臣蔵》では櫓下(やぐらした)の竹本此太夫と舞台演出の問題で衝突,此太夫は竹本座を退座して豊竹座に移ったため東風西風の浄瑠璃の曲風が乱れる因をなした。…

※「義経千本桜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

義経千本桜の関連キーワード仮名手本忠臣蔵竹本座操り浄瑠璃浄瑠璃狂言浄瑠璃座竹田出雲蘆屋道満大内鑑内海繁太郎竹田出雲(3代)由良湊千軒長者

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

義経千本桜の関連情報