コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しゃもじ

百科事典マイペディアの解説

しゃもじ

杓子(しゃくし)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

しゃもじ
しゃもじ

汁や飯などをすくうための用具。古くは汁用、飯用とも「しゃくし」「しゃもじ」とよばれていたが、現在はヘラ状の飯杓子(めしじゃくし)をしゃもじということが多い。しゃもじはその形態から、ヘラ、飯ベラとよぶ地方も多い。飯用のしゃもじは汁用のようにくぼみを必要とせず、平らな木片でもまにあうため、形などにあまり大きな変化がないまま今日に至っている。木製の白木が一般的で、竹製、プラスチック製などもある。[河野友美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

しゃもじの関連キーワードダブルエンボス加工貝の殻のはずし方しゃもじかきめししゃくし(杓子)テングノメシガイポインシアーナ石清尾山古墳群博多ドンタクモウソウチク主婦連合会狭匙・切匙しゃくし菜しゃもじー天狗の飯匙奥 むめお河野友美テーブル川連漆器越前漆器おけじゃ

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

しゃもじの関連情報