コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白木 しらき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白木
しらき

広島市北部,安佐北区の三篠 (みささ) 川流域にある地区。旧町名。 1973年広島市編入農山村であったが,現在は市中心部への通勤者がふえ,兼業化が進んでいる。ゴム工場などが進出。可部との間にそびえる白木山 (889m) は広島市の最高峰

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しら‐き【白木】

皮をはぎ、削っただけで、何も塗ってない木。「白木の柱」
トウダイグサ科の落葉小高木。本州以西の山地に自生。葉は広卵形。6月ごろ、枝先に総状花序をつくり、上部に多数の黄色の雄花、下部に数個の雌花をつける。種子の油を灯油・塗料などに用いた。白い材を細工物などに用いる。
白木弓(しらきゆみ)」の略。

しろ‐き【白木】

樹皮をむいた木材。→黒木
ヒノキなど材質の白い木材。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しらき【白木】

皮を削っただけで、何も塗ってない、地のままの木。 「 -の鞘さや」 「 -の柱」
「白木の弓」の略。
トウダイグサ科の落葉小高木。山地や海岸に自生。葉は卵形。初夏、枝先に黄色の雄花を多数総状花序につけ、花序の基部に雌花を少数つける。種子の油は灯火用・頭髪用にされた。材は白く、細工物などにする。

しろき【白木】

樹皮をむいた建築用材。
スギ・ヒノキなど、色の白い木材。 → しらき

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

白木 (シラキ・シロキ)

学名:Sapium japonicum
植物。トウダイグサ科の落葉小高木,園芸植物

白木 (シラキ)

植物。ホルトノキ科の常緑高木。モガシの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

白木の関連キーワード佐賀県杵島郡江北町山口鹿児島県伊佐市大口白木鹿沼総桐箪笥側白木の弓引付け下駄白木 正博白木・黒木白木の念仏八つ足の机白木あゆみ総状花序飾り三方白木造り達磨正宗叩き独楽白木の弓白木蓮抄細工物雲脚台広卵形

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白木の関連情報