コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白木 しらき

6件 の用語解説(白木の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白木
しらき

広島市北部,安佐北区の三篠 (みささ) 川流域にある地区。旧町名。 1973年広島市に編入。農山村であったが,現在は市中心部への通勤者がふえ,兼業化が進んでいる。ゴム工場などが進出。可部との間にそびえる白木山 (889m) は広島市の最高峰

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しら‐き【白木】

皮をはぎ、削っただけで、何も塗ってない木。「白木の柱」
トウダイグサ科の落葉小高木。本州以西の山地に自生。葉は広卵形。6月ごろ、枝先に総状花序をつくり、上部に多数の黄色の雄花、下部に数個の雌花をつける。種子の油を灯油・塗料などに用いた。白い材を細工物などに用いる。
白木弓(しらきゆみ)」の略。

しろ‐き【白木】

樹皮をむいた木材。→黒木
杉・ヒノキなど材質の白い木材。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しらき【白木】

皮を削っただけで、何も塗ってない、地のままの木。 「 -の鞘さや」 「 -の柱」
「白木の弓」の略。
トウダイグサ科の落葉小高木。山地や海岸に自生。葉は卵形。初夏、枝先に黄色の雄花を多数総状花序につけ、花序の基部に雌花を少数つける。種子の油は灯火用・頭髪用にされた。材は白く、細工物などにする。

しろき【白木】

樹皮をむいた建築用材。
スギ・ヒノキなど、色の白い木材。 → しらき

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白木の関連キーワードしれっとごとゆた・うケイ(桂)皮かぶれハイド(皮)バット(皮)ベリー(皮)松皮作り/松皮造り

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

白木の関連情報