コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しょうこと しょうこと

大辞林 第三版の解説

しょうこと

〔「せんこと」の転〕
するべき方法。てだて。多く「しょうことがない」の形で用いる。 「 -がねえと不承不承に銭を払ふと/滑稽本・膝栗毛 5

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

しょうことの関連キーワード『水滸伝』の登場人物しょう事生悟り滑稽本