じんと(読み)ジント

デジタル大辞泉の解説

じん‐と

[副]
感動して思わず涙が出そうになるさま。「胸にじんとくる言葉」
手足などに痛みやしびれを感じるさま。「つま先がじんとしびれる冷たさ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じんと

( 副 ) スル
強く感動して、胸が締めつけられるような感じがするさま。 「胸に-くる光景」
感覚がまひするような冷たさや痛みを感ずるさま。 「指先が-しびれるように痛い」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じん‐と

〘副〙
① あることが強く胸に迫って、涙があふれ出そうになるときの感じを表わす語。
坑夫(1908)〈夏目漱石〉「何しろ十九年しか、使ってゐない新しい柔かい頭へ此のわる笑いがじんと来たんだから、切なかった」
② 手足などがしびれるさまを表わす語。
※童謡・網揚げ(1932)〈近藤益雄〉「青い電気がじんと来る

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

じんとの関連情報