コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

すきと スキト

デジタル大辞泉の解説

すき‐と

[副]
残らず。完全に。すっかり。
「お眼は―よござんすか」〈浄・八花形〉
(あとに打消しの語を伴って)全然。
「御声は致しまするが、―見えませぬ」〈虎寛狂・隠れ笠

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すきと

( 副 )
すっかり。残らず。 「 -合点致しまして御座る/狂言・布施無経 虎寛本
(打ち消しの語を伴って)まるで。全然。 「毎年の事でも此方こちは-覚えぬ/浄瑠璃・大経師

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

すきとの関連キーワード剥き取る・剝き取るしゃぶしゃぶフランク王国三刀屋[町]オケーシーからすき星小川[町]くわ(鍬)犂鋤・犁鋤たすきぞり目角が強いラッセル車アルビレオ澄み透る見え透く懿徳天皇すき焼き浄瑠璃透明感泥鰌掬

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android