コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

すまけい すまけい

1件 の用語解説(すまけいの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

すまけい

日本の俳優。1935年9月4日、北海道国後島生まれ。本名・須磨啓。芸術劇場を経て、66年に「すまけいとその仲間」を結成。東京・新宿のジャズ喫茶などを拠点に前衛劇を上演し「アングラの帝王」と呼ばれた。72年に解散し、一時俳優業を引退したが、こまつ座「日本人のへそ」(井上ひさし脚本)への出演を説得され、85年に舞台復帰、こまつ座専属俳優となる。86年、映画「キネマの天地」で第11回報知映画賞助演男優賞、第29回ブルーリボン賞助演男優賞などを受賞し、87年、第10回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞。92年、舞台「人間合格」で紀伊国屋演劇賞個人賞受賞。99年に膀胱癌を発症、2001年に脳梗塞で倒れたが、02年には舞台復帰をした。13年12月7日、転移性肝臓がんのため死去。享年78。

(2013-12-11)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すまけいの関連キーワードアーケイックオスマン語すまいスマホガラスマモスマン渓谷SUMAI no SEKKEIメグレ警視のクリスマスアーケイック・スマイル

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

すまけいの関連情報