コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ずわい蟹 ズワイガニ

デジタル大辞泉の解説

ずわい‐がに【ずわい×蟹】

クモガニ科のカニ。甲は丸みを帯びた三角形で表面に突起がある。雄は甲幅約18センチ、歩脚を伸ばすと約1メートルになる。雌は小形で、セイコガニ・コウバクガニとよばれる。日本海に産し、冬が特に美味。えちぜんがに。まつばがに。 冬》「―茹でる灯靄(もや)の人だかり/其水」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ずわいがに【ずわい蟹】

クモガニ科の海産のカニ。甲は丸みを帯びた三角形で、雄は甲幅15センチメートル、歩脚を広げると80センチメートルに達する。冬、美味。雌は成熟すると成長が止まり、雄の半分ぐらいの大きさで、一年中抱卵する。寒流域に分布。日本海側の重要な水産物。北陸ではエチゼンガニ、山陰ではマツバガニと呼ばれる。雌はセイコガニ・ゼンマル・コウバコガニとも。 [季] 冬。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ずわい蟹の関連キーワードエチゼンガニマツバガニ水産物

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ずわい蟹の関連情報