ずわい蟹(読み)ズワイガニ

デジタル大辞泉の解説

ずわい‐がに【ずわい×蟹】

クモガニ科のカニ。甲は丸みを帯びた三角形で表面に突起がある。雄は甲幅約18センチ、歩脚を伸ばすと約1メートルになる。雌は小形で、セイコガニ・コウバクガニとよばれる。日本海に産し、冬が特に美味。えちぜんがに。まつばがに。 冬》「―茹でる灯靄(もや)の人だかり/其水」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ずわいがに【ずわい蟹】

クモガニ科の海産のカニ。甲は丸みを帯びた三角形で、雄は甲幅15センチメートル、歩脚を広げると80センチメートルに達する。冬、美味。雌は成熟すると成長が止まり、雄の半分ぐらいの大きさで、一年中抱卵する。寒流域に分布。日本海側の重要な水産物。北陸ではエチゼンガニ、山陰ではマツバガニと呼ばれる。雌はセイコガニ・ゼンマル・コウバコガニとも。 [季] 冬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ずわい蟹の関連情報