コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ずんば ズンバ

デジタル大辞泉の解説

ずん‐ば

[連語]《連語「ずは」に撥音が添加され、「は」が濁ったもの》「ずは1」に同じ。「それでは行かずんばなるまい」
「君君たらずといふとも、臣もって臣たら―あるべからず」〈平家・二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ずんば

( 連語 )
〔打ち消しの助動詞「ず」の連用形に係助詞「は」の付いた「ずは」の転。「ずは」を強めた言い方〕
打ち消しの意の順接仮定条件を表す。もし…ないならば。 「権限の徳を仰が-、何ぞかならずしも幽遠の境にましまさん/平家 2」 「小悪を嫌ひ捨て-、次第次第に大悪におつべし/こんてむつすむん地」 〔院政時代以降、漢文訓読体で用いられた語。現代語でも文章語的な言い方や慣用句として用いられることがある〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ずんばの関連キーワードヘンリー(Patrick Henry)ニューハンプシャー州広大・宏大自由か死か養虎の患い然らずんば乃公・迺公佳肴・嘉肴壺井義知ヘンリー百丈懐海北条泰時今川義元然らずば賢女立て慣用句閻若璩ポーク見下す王昌齢

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ずんばの関連情報