コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

撥音 はつおん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

撥音
はつおん

現代日本語で「ん」と表記されるの名称。はねる音ともいう。音声学的には,おおむね[p,b,m]の前で[m],[t,d,n]の前で[n],[k,ɡ,ŋ]の前で[ŋ],休止の前では[N],母音・半母音や[s,∫]などの前では[ĩ],[ɯ¯],[ɣ¯]などの鼻母音という現れ方をし,それぞれの環境で補い合う分布を示し,かつ鼻音性を共通にもつので,音韻論的には同一の音素/N/にあたると解釈される。この/N/は,それ自身で1モーラをなし,直前の子音,母音と結合して全体で1音節をなす。その直後には必ず音節の切れ目がある。ただし,方言のなかには/N/が短くてそれ自身で1モーラをなさないものもある (東北方言など) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ばち‐おと【×撥音/×桴音】

撥で弾き鳴らす音。また、桴で打ち鳴らす音。

はつ‐おん【×撥音】

国語の音節の一。語中または語尾で1音節をなす鼻音。「ん」「ン」と表記される。国語の音は、音韻論的には一つの音とされるが、音声学的にみると、語中の位置によって、[n][m][ŋ][N]などの諸音が含まれる。はねる音。→直音

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

撥音【はつおん】

〈はねる音〉とも。日本語の音韻の一種で,普通,仮名〈ん〉で表す音。平安時代に独自の機能をもった単位として確立された。音声学的には次にくる音の種類により左右され,〈本〉〈本の…〉〈本も…〉などはそれぞれ[hon][honno][hommo]などと発音されるが,音韻論的には同一の音素と認められる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はつおん【撥音】

たとえば,〈損のないしごと〉〈損がない〉〈損もしなけりゃ得だってない〉〈損をした〉などという場合の〈損〉という語が,ここにあげたような文脈において,それぞれ実際にどのように実現されるかというと,[sonno…][soa…][sommo…][soũo…]のごとく,さまざまである。しかし伝統的には,このようなさまざまな音のかたち[n][][m][ũ]を1個の統一をもった〈型〉として理解し,そのような単位を撥音,または〈はねる音〉と名づけている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ばちおと【撥音】

三味線・琵琶・太鼓などを撥で鳴らす音。

はつおん【撥音】

国語の音節の一。語中または語末にあって一音節をなす鼻音。[m] [n] [ŋ] [ñ] などの音。「ランプ」「遊んだ」「りんご」「パン」などのように仮名では「ん・ン」で表記する。はねるおん。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

撥音
はつおん

「はねる音」ともいう。「どな」「シ」のように、今日、平仮名「ん」、片仮名「ン」で表記する音韻。記号《N》で示される。実際の発音を音声学的にみると、後続する子音の違いに応じて、[m](p,b,mが後続)、[n](t,d,n,rが後続)、[](k,g,が後続)、[](a,o,uなどが後続)などに分かれる。歴史的にみると、本来日本語にはなく、一つは漢字音として、一つは和語の音便として、平安時代以後に日本語の音韻体系のなかに定着したものである。平安後期から院政期の文献では、漢字音の唇内撥音-mを有する字は「金(キム)」「森(シム)」のように仮名「ム」で、舌内撥音-nを有する字は「民(ミン)」「文(ブン)」のように仮名「ン」で、それぞれ表記し分けられている。和語の音便でも、「件(クダ)ンノ」「何(ナ)ンゾ」のように「リ」や「ニ」からの撥音便は「ン」、「摘ムダル」「選ムデ」のように「ミ」や「ビ」からの撥音便は「ム」で表記し分けられている。これは、当時、音韻として唇内撥音≪-m≫と舌内撥音≪-n≫とを区別していたことを物語るもので、のち鎌倉時代に入ってその区別が失われ、今日に至ったと考えられる。[沼本克明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の撥音の言及

【字音】より

…一方,日本漢字音は韻尾の区別を失ったり,独立音節化することがはなはだしい。院政期以降,‐n,‐mは区別を失い撥音〈ン〉になり,‐は鼻音性を失い‐j,‐wと混同し独立音節化して〈イ〉〈ウ〉となった(ただしはũとしてある程度区別を残していた可能性が連濁の有無(傍(ハウ)/bɑ/輩(バイ)対後(コウ)/ɣʌu/輩(ハイ)等)でうかがえる)。‐k,‐pはおそらく‐ku,‐pu(‐ɸu)のようにしだいに独立音節化し,これにɸu→uの〈ハ行転呼〉が加わって〈ウ〉となり,結局‐w,‐,‐pの3韻尾の区別が失われた。…

【日本語】より

…すなわち,〈イッカイ〉[ikkai],〈イッタイ〉[ittai],〈イッパイ〉[ippai],〈イッサイ〉[issai],〈イッチョウ〉[ittʃoː]と表記される。 また撥音(はねる音)〈ン〉は,次に来る子音に同化されて同質の鼻音となる。すなわち,〈サンバイ〉[sambai],〈サンダイ〉[sandai],〈サンガイ〉[saai]のようになる。…

※「撥音」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

撥音の関連キーワード止事無し物倦じ小安殿あなり牛健児半母音たなりあめり三味線SOA儘・侭何にも真ん前あべしなめり鼻母音真ん中繧繝閻浮冠者

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android