ぞよめき(読み)ゾヨメキ

精選版 日本国語大辞典の解説

ぞよ‐めき

〘名〙
① 多くの人の声がさわがしく聞こえること。また、その声。ざわめき。
※黒潮(1902‐05)〈徳富蘆花〉一「今、広助が冴へた撥音の二声三声(ふたつみつ)に、満場のぞよめきばったり止むで」
② しっかりした考えもなく、ざわざわ騒ぎ立てること。また、その騒ぎ。
※随筆・吉原大全(1768)五「ただとうぶんのぞよめきにて、しみた事はなし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android