コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぞわぞわ ぞわぞわ

大辞林 第三版の解説

ぞわぞわ

( 副 )
さわがしく音をたてるさまを表す語。 「大勢の人の-と往来してゐる/俳諧師 虚子

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぞわ‐ぞわ

[副](スル)
騒がしい音を表す語。また、そのような音をたてるさま。ざわざわ。
嫌悪や不快、また、感情の高ぶりのために身震いするさま。鳥肌が立つようなさま。ぞくぞく。「首筋をさわられぞわぞわ(と)した」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ぞわぞわの関連キーワード俳諧師高ぶり首筋

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぞわぞわの関連情報