コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たける たける

大辞林 第三版の解説

たける

( 動下一 ) [文] カ下二 た・く
〔近世語〕
(垢あかなどを)身につける。 「諸の垢を-・けな/滑稽本・浮世風呂 大意

たける

( 連語 )
〔完了の助動詞「たり」に過去の「ける」の付いた「たりける」の音便の形「たっける」の促音無表記。中世後期の語〕
過去や完了の意味を詠嘆的に言い表す。たのだなあ。 「通鑑はあまり繁多なほどに節要してせうとばし思ひ-・けるが/史記抄 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

たけるの関連キーワード伊太祁曽神社・伊太祁曾神社臈たし・﨟たし・臘たし東京ホテイソン知慮・智慮伊登志別王狡知・狡智長く・闌く炷く・薫く才知・才智大高山神社権謀術数度津神社古峯神社来宮神社文武両道稚武彦王打っ叩く浮世風呂川上梟帥建部神社

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

たけるの関連情報