コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たし殿 たしどの

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

たし殿 たしどの

?-1579 織豊時代,荒木村重の妻。
洗礼名はダシ。摂津伊丹(兵庫県)の村重の居城有岡城が織田信長に攻められ,落城した際に捕らえられる。天正(てんしょう)7年京都六条河原で一族とともに処刑された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

たし殿

生年:生没年不詳
安土桃山時代武家の女性。摂津の大名荒木村重の妻。夫村重は織田信長から4万石を与えられ在岡城にいたが,信長の怒りを買い,大軍を以って攻められた。籠城ののち,天正7(1579)年に落城,男女七百余人が生け捕られ,その筆頭に名を挙げられた女性。京都に連行され,市中を引き回されたあげく六条河原で殺された。残酷な形で縁座が実施されたもので,「前代未聞」と記された。

(田端泰子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

たし殿の関連キーワード織豊時代生年

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android