コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安土宗論 あづちしゅうろん

6件 の用語解説(安土宗論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安土宗論
あづちしゅうろん

天正7 (1579) 年5月中旬,織田信長の命により安土浄厳院で行われた浄土宗日蓮宗の間の法論。関東より西上した浄土宗僧霊誉が7日間の法談を安土城下で行なった際,日蓮宗信者建部紹智,大脇伝助らが聴聞していてこれに疑義論問したことが発端。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あづち‐しゅうろん【安土宗論】

天正7年(1579)5月、織田信長の命によって安土城下浄厳院で行われた浄土宗日蓮宗の宗論。浄土宗側の勝ちとされ、日蓮宗側は詫び証文を出し、厳しく処罰された。日蓮宗を弾圧するためのものとされる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

安土宗論【あづちしゅうろん】

1579年(天正7年)5月27日,織田信長が安土で行わせた浄土・法華両宗間の法論。結果は浄土側の勝利に終わったが,かねてから京都や堺の町衆に大きな勢力をもっていた法華宗弾圧を意図していた信長が,当初から計画的に仕組んだものとみられる。
→関連項目日蓮宗

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

あづちしゅうろん【安土宗論】

1579年(天正7),織田信長の命令で安土城下で行われた浄土宗と法華宗の宗論。当時,信長の本拠だった新興都市の安土では,折伏(しやくぶく)の談義僧でならした普伝日門の布教によって法華宗が猛烈にのびていた。また,信長が当時その統治に腐心した京都や堺でも,町衆社会に法華宗が大きな勢力をもっていた。この宗論自体は浄土宗の僧と法華信徒の問答に始まったが,信長の命で,両宗を代表する高僧らの対論となり,信長の介入で法華宗の無惨な敗北となって決着した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あづちしゅうろん【安土宗論】

1579年、織田信長の命によって安土の浄厳院で行われた浄土宗と日蓮宗の宗教論争。浄土宗が勝利を収めた。日蓮宗弾圧を企図したものという。安土法論。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安土宗論
あづちしゅうろん

織田信長の城下安土(滋賀県近江八幡(おうみはちまん)市)で行われた浄土宗と日蓮(にちれん)宗の宗論事件。1579年(天正7)5月中旬、浄土宗の長老霊誉玉念(れいよぎょくねん)が城下で説法をしていたところ、日蓮宗の信者大脇伝介(おおわきでんすけ)と建部紹智(たけべしょうち)が問答をしかけたので、玉念は2人との問答を避け、宗門の僧を出せと答えたことに端を発する。やがて京都の日蓮宗の学僧日諦(にったい)、日淵(にちえん)、日(にっこう)の3人が安土へ呼び出され、5月27日城下の浄厳院(じょうごんいん)において、ものものしい警固のなかで宗論が行われた。しかし決着がつかないうちに日蓮宗の負けが宣告され、その場にいあわせた僧侶(そうりょ)や信者たちが数多く捕らえられた。なかでも積極的な伝道活動を行っていた普伝や、事件の発端をつくった大脇伝介は信長の面前で殺され、問答に負けた僧侶3人には、今後は他宗に対して法論をしかけないことなどの起請文(きしょうもん)を書くことが要求された。いわば信長は、城下で起こったこの宗論事件を日蓮宗弾圧の具に使ったのであり、日蓮宗弾圧事件ともいえる。安土宗論を契機として、日蓮宗では従来の強引な布教態度が姿を消すとともに、寺院を離れて活躍する伝道僧の行動が著しく制限されるようになった。それは、のちに江戸幕府が行う仏教統制への第一歩として、重要な意味をもっている。[中尾 尭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の安土宗論の言及

【安土桃山時代】より

…79年に信長はこの地で日蓮(法華)宗を浄土宗と対決させて敗訴を宣告した。この安土宗論によって日蓮宗は打撃をうけ,抵抗の芽は事前につみとられた。 信長は指出検地や家数改めを行い,権力基盤の強化につとめたが,中国征伐の途上,82年家臣の明智光秀によって本能寺で殺され,政権は未完成のまま瓦解した。…

【宗論】より

… のちに日蓮宗(法華宗)が謗法折伏(ほうぼうしやくぶく)を標榜して台頭してくると,中世後期の宗論は,日蓮宗と他宗との宗論が中心となった。1338年(延元3∥暦応1)備後の守護屋形で対決した本願寺存覚と日蓮宗の宗論,1501年(文亀1)管領細川政元の命で京都で行われた日蓮宗と浄土宗の宗論(文亀宗論),1536年(天文5)天文法華の乱の起因となる叡山の僧と1人の日蓮宗信者との間で争われた〈松本問答〉,75年(天正3)ごろ,阿波一国を皆法華に改宗させようとして三好長治の命で行われた日蓮宗と真言宗の宗論,79年(天正7)織田信長が安土城下の浄厳院(じようごんいん)で浄土宗の玉念らと日蓮宗の日珖(につこう)らを対決させた〈安土宗論〉,1608年(慶長13)江戸城中の家康の面前で行われた浄土宗源誉らと日蓮宗日経らによる〈慶長宗論(江戸宗論)〉などは,その社会的影響にはかりしれないものがあった。以上のうち,大原談義,文亀宗論,安土宗論,慶長宗論を,ときに〈日本四箇度宗論〉という。…

※「安土宗論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

安土宗論の関連キーワード因果居士安藤定実一色義道織田信清織田信次織田信則織田信安織田信行日門織田信長の四天王

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone