洗礼名(読み)せんれいめい

精選版 日本国語大辞典の解説

せんれい‐めい【洗礼名】

〘名〙 キリスト教で、洗礼の時につけられる名。聖書のなかの人名、あるいは、聖人の名をつける。プロテスタント教会では、あまりつけない。霊名。クリスチャンネーム。
※二つの話(1946)〈井伏鱒二〉「義統は洗礼名をコンスタンチノといひ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の洗礼名の言及

【クリスチャン・ネーム】より

…洗礼名のこと。バプティスマル・ネームbaptismal nameともいい,姓に対する名(ファースト・ネーム)の意に用いられることもある。…

【洗礼】より

…その場合,子どもが成人して自覚的に信仰を持ったとき,改めて信仰告白式(堅信礼)を行い,初めて一人前のキリスト者として認められる。カトリック教会などでは洗礼に際し,聖人の名,聖書人名,信仰の諸徳目名により,受洗者に新しい名(洗礼名)を与える。入信に際して,水によって清めを行う例は多くの宗教に見られる。…

※「洗礼名」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報