コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たる爆弾(読み)たるばくだん

知恵蔵miniの解説

たる爆弾

円筒形の容器火薬や石油類を詰めた爆弾の通称。米国務省によると、米軍がベトナム戦争で多用したナパーム弾に似た兵器で、標的が絞りにくく広い範囲に被害を及ぼし燃焼性が高いという。そのため無差別的攻撃となり、一般住民の被害増加を引き起こしやすい。2011年より内戦が続くシリアのアサド政権が、反体制派支配地域への空爆作戦に用いており、13年12月22日には、北部アレッポ周辺で同爆弾により子供を含む56人が死亡したことが確認された。

(2013-12-26)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

たる爆弾

ドラム缶のような円筒形の鉄の容器に150キロから1トンの火薬を入れ、クギや金属片を詰め込んだもの。政権軍がヘリコプターで運び、主に住宅地に投下する。シリア政権軍は2012年夏から使い始め、これまでに2千発近くが使われ、約3千人が死んだとされる。殺傷力は高いとされる。

(2014-02-08 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

たる爆弾の関連情報