コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空爆(読み)くうばく(英語表記)air bombing; air raid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

空爆
くうばく
air bombing; air raid

空襲とも呼ばれる。航空機,飛行船,気球,ロケットなどにより空中から爆弾焼夷剤などを投下して地上または海上の目標を攻撃すること。 1849年にオーストリア軍が無人気球に弾を搭載してベネチアを爆撃したのが最初の空爆。航空機と飛行船による空爆は,第1次世界大戦に始まった。なかでも一般市民に対する空爆は,ドイツツェッペリン飛行船や航空機によって 1914年 12月からイギリス本土に対して行なわれた。ロケットによる空爆は,第2次世界大戦でドイツが 1943年6月 13日にV-2 号ロケットを使ってイギリス本土を攻撃したのが最初である。 1991年1月から2月の湾岸戦争では,精密誘導兵器によるバグダード空爆が大きな成果を上げた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

くうばく【空爆】

( 名 ) スル
〔「空中爆撃」の略〕
航空機による爆撃。 「敵基地を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

空爆の関連情報