ちょんまげ

日本大百科全書(ニッポニカ)「ちょんまげ」の解説

ちょんまげ
ちょんまげ / 丁髷

正しくは本多髷(ほんだまげ)のことで、えび折りにした髷がゝ(ちょん)に似ているところから生じた俗称である。この俗称は、江戸時代よりも、明治初期以降に行われた表現法である。明治の文明開化期には、ちょんまげ頭は、旧弊のシンボルとされ、開化頭の散切(ざんぎり)に対して半髪(はんぱつ)といわれた。半髪とは、総髪(そうはつ)つまり志士の髪形への反対語でもある。今日では、江戸時代の本多髷はほとんど「ちょんまげ」と称している。

[遠藤 武]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android