コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多髷 ホンダマゲ

デジタル大辞泉の解説

ほんだ‐まげ【本多×髷】

《本多忠勝の髪形から広まったという》江戸時代、明和・安永(1764~1781)のころに流行した男子の髪形。中ぞりを大きく、髷を高くし、7分を前、3分を後ろにしてしばったもの。ほんだわげ。
女性の髪形で、尻を高くしたもの。遊女などが結った。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

本多髷【ほんだまげ】

江戸時代の男髷の一種。文金風の変化したもので,宝暦〜明和(1751年―1772年)ごろに芝居の役者が結い始め,安永(1772年―1781年)ごろ全盛をきわめた。
→関連項目髪形

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ほんだまげ【本多髷】

〔本多忠勝の家中で流行したことから〕 男子の髪形の一。中ぞりを大きくし、髷を細く高く結い、鬢びんは油をつけずに櫛くしを入れて毛筋を通し、後ろの方に油をつけて巻くもの。江戸時代、明和・安永年間(1764~1781)頃、通人の間で大いに流行した。ほんだわげ。
をとり入れて、主に遊女の間に流行した髪形。髷尻を高く結ったもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

本多髷の関連キーワード斜掛け本多・斜掛本多ちょんまげ本多・本田江戸時代金魚本多間男本多本多忠勝髪結い豆本多本多風本多頭大本多散切通人総髪文魚毛筋本多家中丸髷

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android