本多髷(読み)ホンダマゲ

  • 本多×髷

百科事典マイペディアの解説

江戸時代の男髷の一種。文金風の変化したもので,宝暦〜明和(1751年―1772年)ごろに芝居の役者が結い始め,安永(1772年―1781年)ごろ全盛をきわめた。種類も多く,ぞべ本多豆本多丸髷本多,大阪本多などと呼ばれた。名称は本多忠勝家中の武士の髪形に起源するともいわれている。
→関連項目髪形

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

フロッピーディスク

プラスチック製の円盤に磁性体を塗布し、それをジャケットに収めた記憶媒体。ディスケットとも呼ぶ。初期は5.25インチ、8インチなどの大きさのものもあったが、1980年にソニーが開発した3.5インチのもの...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android