コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ていざなす

1件 の用語解説(ていざなすの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

ていざなす

長野県下伊那郡天龍村で生産されるナス。実は長卵型で果重400g以上と大きく、果皮は光沢のない赤紫色。肉質は柔らかで加熱するととろけるような食感となる。1887年頃、同村の田井澤(たいざわ)久吉氏が東京から取り寄せた巾着型のナスが起源とされる。名称は「たいざわなす」がなまったもの。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ていざなすの関連キーワード長野県下伊那郡天龍村神原長野県下伊那郡阿智村駒長野県下伊那郡長野県下伊那郡阿智村智里長野県下伊那郡天龍村長野県下伊那郡阿南町富草長野県下伊那郡天龍村長島長野県下伊那郡阿南町新野長野県下伊那郡天龍村平岡長野県下伊那郡高森町吉田

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone