コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ていざなす

デジタル大辞泉プラスの解説

ていざなす

長野県下伊那郡天龍村で生産されるナス。実は長卵型で果重400g以上と大きく、果皮は光沢のない赤紫色。肉質は柔らかで加熱するととろけるような食感となる。1887年頃、同村の田井澤(たいざわ)久吉氏が東京から取り寄せた巾着型のナスが起源とされる。名称は「たいざわなす」がなまったもの。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android