コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

てに てに

大辞林 第三版の解説

てに

( 連語 )
〔終助詞「て」に接続助詞「に」の付いたもの。近世語〕
理由を表す。…だから。 「『おくしやるまいか』『ああ、やる-。これこれ』/狂言記・昆布売」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

てにの関連キーワード福井県福井市新田塚町弖爾波・手爾波かにもかくにも天爾葉大概抄助辞本義一覧にゃあにゃあ俳諧天爾波抄手爾葉大概抄寝ねがてに待ちがたに玉の緒繰分出でがてに出でかてに春樹顕秘抄姉小路式楠木正時言霊指南詞の緒環てにをは同字切れ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

てにの関連情報