とっとっと

精選版 日本国語大辞典の解説

〘副〙
① 足早に、調子をとって、刻み足で行くさまを表わす語。
※浮世草子・風流曲三味線(1706)五「此通り心得ていふて下されと、とっとっとして出られしが、誠に忘れた」
※古文真宝彦龍抄(1490頃)「人が山をも馬をも不見してとっとっと通らば」
③ ものを打つ音を表わす語。
※玉塵抄(1563)五「雨のやみばもなうふるは声がとっとっと米を打やうなぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android