コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

となむ となむ

大辞林 第三版の解説

となむ

( 連語 )
〔格助詞「と」に係助詞「なむ」の付いたもの〕
「と」で受ける部分を強調して言い表す。 「ならのみかどの御歌なり-申す/古今 秋下左注
(「となむいふ」の「いふ」の略されたもの)文末にあって、「ということだ」の意を表す。 「つごもりに、また、これして-とて、はては文だにもなうてぞ、下襲ある/蜻蛉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

となむの関連キーワード径山寺みそ(径山寺味噌)中野小左衛門(3代)加藤杢左衛門(初代)中野小左衛門(2代)土・地・犯土・椎・槌絵馬屋額輔(4代)淡路屋太郎兵衛伊藤伊兵衛筑波庵紫蔭松沢以中坊賜ふ・給ふ雪木宿成つごもり百薬長人侍り給ふ植田下省井関左言吉田元良伊吹東恕カービー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android