文中(読み)ブンチュウ

大辞林 第三版の解説

ぶんちゅう【文中】

文章のなか。 「 -敬称略」

ぶんちゅう【文中】

南朝の年号(1372.4.?~1375.5.27)。建徳の後、天授の前。長慶天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

ぶんちゅう【文中】

日本の元号(年号)。室町時代(南北朝時代)の1372年から1375年まで、長慶(ちょうけい)天皇の代の南朝が使用した元号。前元号は建徳(けんとく)。次元号は天授(てんじゅ)。1372年(建徳3)4月改元。災異改元とも考えられているが、改元の理由・経緯はわかっていない。また、命名の出典も不詳。文中年間の北朝の天皇は後円融(ごえんゆう)天皇。北朝では応安(おうあん)(1368~1375年)、永和(えいわ)(1375~1379年)の元号を使用した。同年間の室町幕府の将軍は足利義満(よしみつ)(3代)。おもに九州を舞台として、南朝と北朝の戦いが展開された時期である。室町幕府の九州探題となった今川貞世(さだよ)(了俊(りょうしゅん))は1372年(文中1/応安5)に、南朝の征西将軍懐良(かねなが)親王が拠っていた大宰府を陥落させ、北朝方の拠点として九州での攻勢を開始した。これに対して、南朝方の菊池武朝(たけとも)らが激しく抵抗を続けた。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぶん‐ちゅう【文中】

〘名〙 文章のうち。文として書かれているものの中。
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉三「最も長文なりと雖も文中(ブンチウ)味ひあるに似たれば」 〔李程‐攻堅木賦〕

ぶんちゅう【文中】

南北朝時代、南朝の長慶天皇の代の年号。建徳三年(一三七二)四月に改元、文中四年(一三七五)五月二七日に至って次の天授となる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文中の関連情報