との(読み)トノ

デジタル大辞泉の解説

との[接頭]

[接頭]《接頭語「たな」の音変化》動詞に付いて、一面に、十分になどの意を添えるのに用いる。「とのぐもる」「とのびく」

と‐の[連語]

[連語]《格助詞「と」+格助詞「の」》
…という。「明日来るとの電話があった」
…を相手とする。「家族との対話」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

との

( 接頭 )
〔接頭語「たな」の転〕
動詞に付いて、一面に、すっかりの意を表す。 「 -ぐもる」 「 -びく」

との

( 連語 )
〔格助詞「と」に格助詞「の」の付いたもの〕
「という」の意を表す。 「お元気-こと」 「近々おめでた-お話」
動作・作用の相手・対象を表す。 「彼女-交際」 「内閣と国会-関係」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

とのの関連情報