コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対話 たいわdialogos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

対話
たいわ
dialogos

広義には2人以上の人物間の思考の交流をいい,広く文学的表現法として用いられるが,特に哲学では問答によって哲学的主題を追究していく形式。プラトンをはじめ,古代ギリシア・ローマ哲学で用いられ,中世近世でも,宗教,政治,経済などの論争的思想の表現として対話形式がとられた。現代では特に実存主義的傾向のある M.ブーバーが,我と汝という形而上学的な関連において,対話による出会いの哲学を展開している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たい‐わ【対話】

[名](スル)向かい合って話し合うこと。また、その話。「市長が住民と対話する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいわ【対話】

( 名 ) スル
双方向かい合って話をすること。また、その話。比喩的にも用いる。 「 -しようと努める」 「親子間の-」 「歴史との-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

対話の関連キーワードMicrosoft Backupインストールウィザードインタラクティビティー医療メディエーション対話型シミュレーター医療メディエーター米中戦略・経済対話自動プログラミングフリートーキングシャングリラ会合ダランベールの夢米中戦略経済対話カンバセーション対話型セッションchatボットムントテラピー医療対話推進者レスプブリカダイアローグフォントネル

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

対話の関連情報