対話(読み)たいわ(英語表記)dialogos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

広義には2人以上の人物間の思考の交流をいい,広く文学的表現法として用いられるが,特に哲学では問答によって哲学的主題を追究していく形式。プラトンをはじめ,古代ギリシア・ローマ哲学で用いられ,中世近世でも,宗教政治,経済などの論争的思想の表現として対話形式がとられた。現代では特に実存主義的傾向のある M.ブーバーが,我と汝という形而上学的な関連において,対話による出会いの哲学を展開している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)向かい合って話し合うこと。また、その話。「市長が住民と対話する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
双方向かい合って話をすること。また、その話。比喩的にも用いる。 -しようと努める 親子間の- 歴史との-

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 直接に向かい合って互いに話をすること。また、その話。多くは二人の場合にいう。対談。
※蔗軒日録‐文明一六年(1484)四月二七日「午時入大安寺、与天圭和尚対話之間」
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉四「外国人などとは一度も対話したことの無い僕であるから」 〔薩都剌‐夜泊釣台詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

対話の関連情報